アンチエイジングを促進させる3つの習慣

肌が衰える現象は年齢を重ねるとともに身に迫ってきます。

体全体が保持できる水分量は減り、肌からは若々しい生気が失われていきます。

ただ、アンチエイジングによって肌の老化を食い止めることは可能です。

ここでお伝えする内容は、「アンチエイジング」を促進させる習慣についてです。

気を付けるべき要点を3つに絞りました。

いつまでも若々しく居られる方法を知って、アンチエイジングを促す習慣を身につけてください。

1:肌によい食事を心がける

細胞の酸化を抑える食品を摂取することで、肌の老化を防ぐことができます。

いつもの食事に次のような食事を取り入れてみてください。

・バナナ、かぼちゃ、人参、キャベツ、ブロッコリー、ケール、そば、大豆

これらの食品には活性酸素の働きを抑える作用のほかにも、アンチエイジングを促進させる栄養素が含まれています。

バナナ・キャベツ・ブロッコリー・ケール・そばは、食物繊維が豊富な食品です。

腸の働きを助け、栄養の吸収をサポートします。

かぼちゃ・人参・ブロッコリー・ケールなどの緑黄色野菜には、カロテンが含まれいて、抗酸化作用のほか、必要に応じて体内でビタミンAに変わり、不足する栄養を補ってくれます。

大豆にはさまざまな栄養素が含まれています。

たんぱく質、脂質、食物繊維、糖質など皮膚の生成、代謝、栄養の吸収に必要な物質を摂取できます。

毎日の食事にこれらの食品を加えましょう。

食事から肌の老化を予防することができます。

2:運動を習慣づける

運動を習慣にすることで、代謝が高まり、肌の老化防止を後押しします。

運動は2つの種類「有酸素運動」と「無酸素運動」を組み合わせて行います。

有酸素運動はウォーキングや、ジョギング、水泳、エアロバイクをこぐなどの長い時間をかけて行う、体への負荷が小さい運動です。

この運動で体内の糖と脂肪が使われ、新陳代謝が促されます。

もうひとつの無酸素運動は、筋力トレーニング、短距離走など、息を止めて行う不可の大きい運動です。

この運動を行うと筋肉の量が増えて、体は筋力の維持にエネルギーを消費します。

そのため、無酸素運動を行うことで、体の基礎代謝を上げる効果が期待できます。

運動は有酸素・無酸素の2つを習慣にすることで、細胞の入れ替わりを促し、実年齢よりも若い肌をもたらしてくれます。

3:睡眠の質を上げる

眠り始めてからの「3時間」は、「肌のゴールデンタイム」と言われています。

この時間帯に成長ホルモンが分泌されるためです。

アンチエイジングに気を使うなら、睡眠時間のうち、初めの3時間を大切にしましょう。

眠る前の2時間前に入浴を済ませると、深部体温(体の中の温度)が下がり、眠りにつきやすい体内環境が作れます。

肌のターンオーバーは眠っている間に行われます。

質のよい睡眠のほか、日中に運動を行って代謝を上げておくと、眠っている間でも肌の老化が抑えられます。

寝つきが悪い人はアロマやお香を炊いたり、音楽を聴いたりして気分を落ち着かせましょう。

眠る前に強い刺激を与えないことでも、睡眠の質を上げられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする