肌荒れが起こる原因と綺麗な肌を保つための対策

肌荒れは、水分量の不足や、不規則な食習慣、生活スタイルが原因と考えられています。

肌にはどのようなことがきっかけで、くすみ・しわ・吹き出物などが出てくるのでしょうか。

ここでは、肌が荒れてしまう要因と、うつくしい肌を取り戻す方法を紹介します。

肌荒れを起こす原因

1:腸内環境の乱れ

腸内環境が乱れると腸内にある、悪玉菌が活発に動き出します。悪玉菌が作る有害物質は血液によっては体の各所へ運ばれ、肌へも悪い影響を与えます。

腸内の環境は、便秘をおこしたときによく乱れます。

これは溜まった便が腐敗することで、有害物質を作る悪玉菌が増えてしまうためです。

2:偏った食習慣【間食とデザート】

肌荒れは肌の乾燥や化粧、日焼けなど外からの刺激が原因と考えますが、実際は腸の中の状態が大きく関係しています。

塩分量の多い食べ物は、体の中のナトリウムを増やして、肌の乾燥を引き起こします。

ナトリウム(塩分)を摂取すると、細胞よりも塩分濃度が高くなるため、細胞の水分は外のナトリウムへと移動をします。

そのため、塩分を置く含むスナック菓子、ジャンクフードを食べたり、外食で食事を済ませる機会が増えたりすると、肌の質を落とす事態を招いてしまいます。

また、糖分を多量に含むデザート類の食べ過ぎも危険です。

糖分は分解する間に、壊れた皮膚の粘膜を補い、肌のターンオーバーを促すためのビタミンを使ってしまいます。

ちなみに、肉を食べても肌が荒れる原因には結び付きません。

摂取量を越えて脂分を摂取した場合を除き、肉類が保有するたんぱく質は肌を作るための栄養・アミノ酸に分解されて、正常な肌を保つために使われます。

3:少ない睡眠時間

肌の修復と再生は、眠る間に行われます。

毎日十分な睡眠を確保する(6時間~8時間)ほかに、眠り始めてからの3時間までに高い質の睡眠を摂ることが大切です。

「肌のゴールデンタイム」と呼ばれるこの時間には成長ホルモンが分泌されます。

そのため短い睡眠時間が続くと、肌の質が落としてしまう事態が考えられます。

肌荒れの解決方法

1:栄養のバランスが取れた食事

バランスの取れた食事を続けるには、食材と食品に含まれる栄養素を知っておく必要があります。

肌に与える効果を考えて、毎日の食事内容を決めてください。

栄養素には次のようなものが挙げられます。

たんぱく質

肌の角質層のほとんどがたんぱく質から作られています。
栄養素が含まれる主な食材:大豆・肉類・魚介類・卵・乳製品

ビタミンA

抗酸化作用により、体内に作られる活性酸素から肌を守ります。
栄養素が含まれる主な食材:緑黄色野菜・チーズ・うなぎ・レバー

ビタミンB群

たんぱく質と糖質の代謝を促して、肌荒れ、皮膚の炎症を抑えます。
栄養素が含まれる主な食材

ビタミンB2:納豆・卵・レバー
ビタミンB6:鮭・ごま

ビタミンE

活性酸素から酸素を運ぶ赤血球を守り、血行不良を抑えます。
栄養素が含まれる主な食材:アーモンド・いくら・たらこ・うなぎ・鮎・かぼちゃ・アボカド

ビタミンC

コラーゲンの生成に必要な栄養素で、ビタミンAと同様に抗酸化作用を備えます。
栄養素が含まれる主な食材:レモン・いちご・柿・キウイ・ピーマン・ゴーヤ・ブロッコリー

亜鉛

新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを助けて活性酸素を取り除きます。
栄養素が含まれる主な食材:牡蠣・いわし・レバー・たらこ・ごま

鉄分

酸素を運ぶ赤血球を作る栄養素です。
栄養素が含まれる主な食材:ごま・牛肉・魚・卵・大豆・海藻

食事を摂る際は、これらの栄養素をバランスよく摂ることを心がけましょう。

2:質のよい睡眠と眠る前の準備

正常な肌の状態を保つには、6時間~8時間の睡眠時間を確保しましょう。

最初の3時間が肝心です。

就寝前にはテレビ、スマホ、パソコンなど、ブルーライトを発する画面を見ていると自律神経が乱れ、眠りを妨げてしまいます。

ハリと艶のある肌を保持するためには、睡眠時間を守り、眠る前の習慣を正すことが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする