食物繊維の種類について

青汁に含まれる食物繊維は2種類です。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれます。

2種類の食物繊維は、それぞれに異なった特徴がみられます。

水溶性食物繊維は水に溶ける性質を持ちます。

野菜や果物、昆布・ワカメ・海苔などの海藻類に多く含まれる食物繊維です。

このほか、整腸作用を高めるトクホ(特定健康用食品)のドリンクで使われるポリデキストロース(人工的に作られた食物繊維)や、難消化性デキストリン(糖の吸収を穏やかにする食物繊維)も水溶性食物繊維の一つです。

水溶性食物繊維は粘りが強く、胃や腸のなかで移動に時間がかかります。

そのため水溶性食物繊維を多く食べると、胃腸に長く留まり空腹を感じにくく、食べ過ぎを抑制する効果が期待できます。

また、水溶性食物繊維は腸内の環境を整えるためにも役立ちます。

胆汁酸や余分なコレステロールは粘り気のある性質によって、食物繊維に取り込まれ、排泄物として体の外へ排出されます。

さらに、摂取した食物繊維が大腸のなかで発酵すると、ビフィズス菌などの善玉菌を増やし、活発な稼働を助けます。

これによって腸内の環境が整い、便秘の悩みが改善されます。

このほかにも、水溶性食物繊維に囲まれた糖からはゆるやかな速度でしか吸収を行えないため、急激に上がる血糖値の上昇を抑えます。

このような特徴を持つ水溶性食物繊維に対し不溶性食物繊維は、水に溶けない性質を持っている食物繊維です。

穀類、野菜、豆類などが持つ食物繊維のことで、さつまいもやごぼうなどに多く含まれています。

不溶性食物繊維は、高い保水力が特徴です。

さつまいもなどの食物を摂取すると胃と腸のなかで水分を吸収し、量を増やします。

膨張した不溶性食物繊維は腸のぜん動運動を活発にさせ、便通の解消に効果を発揮します。

不溶性食物繊維は筋が多いため、よく噛んで食べる必要がある食べ物です。

噛む回数が増えるため、満腹中枢を刺激して食事の量を減らし、幼年期における顎の発達や永久歯に生え変わった子供の歯並びを整える効果も期待ができます。

不溶性食物繊維にも、水溶性食物繊維が持つ腸内環境を整える働きがあります。

ただし、腸内環境を整える働きは水溶性食物繊維には劣ります。水溶性食物繊維と比べて、腸内細菌が取り入れた食物を分解する働きが鈍いためです。

そのため食物繊維はどちらか一方の種類を摂取するのではなく、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取することが大切です。

理想は水溶性食物繊維の「1」に対し、不溶性食物繊維が「2」の割合です。

日本人の食事摂取基準(2010年版)では、18歳以上の女性が1日に摂取する食物繊維の量は17g以上で、18歳以上の男性は19g以上の数値が出されています。

つまり、摂取する食物繊維の割合は水溶性食物繊維6g、不溶性食物繊維12gに合わせた量を目指すと乱れやすい腸内環境が整います。

しかし、日本人が1日に摂取する食物繊維の平均は、10代から40代の男女で14gにも満たない数値です。

食事の欧米化が進んだことで、食の中心は野菜から肉へ代わりました。

現代の日本社会では食物繊維は意識して取らない限り、食卓や外食、総菜などで得られる食事だけでは摂取する量が足りません。

しかし、青汁を飲むことで食物繊維の不足分は補えます。

青汁はさまざまなメーカーから発売され、腸内環境を整える難消化性デキストリンなどが配合されています。

原料に使われるケール・大麦若葉・明日葉などには食物繊維が豊富に含まれています。
ただし、食物繊維の量は成分表示に記載されていると限りません。

この場合は、表示されている「炭水化物」の量から「糖質」の量を引いてください。
青汁に含まれている食物繊維の量を知ることができます。

青汁には水溶性食物繊維が多く含まれています。

食事から不溶性食物繊維を摂取することで、バランスよく食物繊維が摂取できます。

しかも、青汁は水溶性食物繊維の作用で糖質の吸収をゆるやかし、不要な脂質も排出をしてくれます。

食事の前に青汁を飲むことで、ダイエットの効果も高まります。

青汁は健康と美容の両方を兼ね備えた栄養食品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする