生活習慣病の原因と予防について

程度がひどくならない限り、聞きなじみがある糖尿病、高血圧、心臓病などの生活習慣病は、軽い病気だと見誤ってはいませんか。

多くの人がかかる生活習慣病は、命を脅かす危険な病気です。

生活習慣病を発症しないために、病気の原因と予防法について知識を得ることが必要です。

・生活習慣病の原因

1.偏った食事

食べ物の好き嫌いがある人、外食やインスタント食品を好んで食べる人には、生活習慣病を発症に気を付ける必要があります。

偏った食事では健康維持するための栄養を、バランスよく摂取できません。

外食とインスタント食品には塩分が多く含まれているため、本人が気づかないうちに塩分を必要以上に摂取しています。

また、決まった時間に食事が摂れなかったり、暴飲暴食が続いたりすることでも、病気を発症する可能性が高まります。

野菜不足

野菜から摂取するはずの栄養素が足りなくなると、生活習慣病にかかりやすい体へと変化します。

ビタミン類やミネラル、食物繊維は体内では作られない化合物です。

そのため、摂取する量が減ってしまうと体の機能を保っていられないのです。

ビタミン類には免疫機能を高める働きがあります。

白血球の数を増やし、活動を助けることでアレルギーなどの外敵から、体を守ります。

また、ウィルスに対する抵抗力を強めるたんぱく質の生成も行います。

ビタミンは免疫力の維持に貢献する栄養素です。

ミネラルと食物繊維にも重要な働きがあります。

ミネラルは体を構成するために大切な栄養素で、食物繊維は腸内環境を整えてくれます。

つまり、外で食事をしたり、スーパー・コンビニで購入するお惣菜やインスタント食品を食べたりすると、野菜に含まれる栄養素が不足し、生活習慣病を呼び込んでしまいます。

塩分や糖分の過剰摂取

塩分が多く含まれるインスタント食品を頻繁に摂取していると、高血圧を引き起こします。
これは血液中の水分量を体が増やそうとするためです。

体は高い塩分濃度を一定の値に保つために、血液の量を増やした結果、血液を流す血管は広がって、高血圧が生じてしまうのです。

また、糖分を大量に含まれたケーキやアイス、チョコレート菓子などをたくさん摂取すると、糖尿病を引き起こしてしまいます。

甘い物の摂取には、食べる量や頻度に制限を設けることが必要です。

不規則な食習慣と喫煙

一回の食事量が多いと摂取したエネルギーを消費しきれず、肥満・糖尿病にかかりやすい体質を作ってしまいます。

また、喫煙の回数が多いと、生活習慣病の動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞を発症するリスクを高めます。

タバコの含まれるニコチンには血管を収縮する作用があります。

さらに、取り込んだ煙(一酸化炭素)には血液中のヘモグロビンと結びつきやすい性質を持つため、酸素濃度の低下を招きます。

すると血液の流れが悪く、酸素の量が少ない状態が続き、しまいには血管を詰まらせてしまいます。

1日に吸うタバコの数が多いと、動脈硬化に始まる心筋梗塞・脳梗塞など、命の落とす病気を発症します。

2.ストレス

ストレスがかかると高血圧になりやすい体が作られます。

ストレスには交感神経を刺激し、ストレスに対抗するホルモンを分泌させ、血管の収縮を促す働きがあるためです。

また、ストレスは免疫機能の働きも抑えてしまいます。

そのため、「就寝時間が遅い」「一日中働き通し」など興奮した状態が長く続いてしまうことでも、生活習慣病にかかるリスクを高めてしまいます。

3.睡眠不足

睡眠時間が不足すると、高血圧・糖尿病にかかりやすくなります。

これは起きている時間が長いと神経は興奮し続け、収縮した血管が血圧を上げてしまうためです。

また、睡眠時間が短いとインスリンの働きが鈍ってしまい、血糖値を上昇させてしまいます。
夜更かしのほか睡眠の質が悪い場合も。高血圧と糖尿病にかかりやすいです。

起きたときに疲れが残っているときは生活習慣病を発症する危険があります。

しっかり寝ても疲れが取れていないときは、生活習慣の見直しが必要です。

4.運動不足

運動不足が続くと、代謝が下がり、菌やウィルスなどの外敵から身を守る免疫機能を、低下させます。

運動をするときは筋肉を動かすために必要な酸素を、血液から取り込みます。

そのため、筋肉を使わない運動不足の状態では血流が滞っています。

血の巡りが悪ければ体温も下がり、免疫機能も十分な働きません。

そして、年齢を重ねると体力が低下し、代謝が落ちた疲れやすい体質へ変わります。

年齢とともに疲れやすくなった体では運動を面倒に感じてしまいます。

免疫機能を維持するためには、日ごろから体を動かす習慣をつけておく必要があります。

生活習慣病の予防方法

1.食生活を改める

生活習慣病を予防するためには、毎日の食生活の見直すことが第一です。

ビタミンと食物繊維を摂取する

免疫力をアップさせるために、ビタミンを含んだ抗酸化作用のある食材をしっかり摂りましょう。

腸内環境を整える食物繊維が豊富な野菜も欠かさずに食べてください。

時間に追われ毎日を忙しく送る方は、さまざま種類の野菜が入った青汁がおすすめです。手軽に短時間で、ビタミンと食物繊維を補えます。

不足しがちな栄養成分を補う

健康を維持するためにはビタミン以外の栄養も体に取り入れなくてはなりません。

小松菜やほうれんそう、ケールなどの野菜を使った青汁を利用しましょう。

鉄分や亜鉛、カリウムなどさまざまな成分が含まれています。

2.適度な運動と規則正しい生活リズムを

運動は血流を改善し、ストレスも解消してくれるため生活習慣病の予防を促してくれます。

生活習慣の予防には習慣づけた運動と生活のリズムを正すことが大切です。

ただ、運動をするにはスケジュールを空け、時間を作る必要があります。

忙しくてウオーキングやジョギングができない人は、マイカーから電車通勤に変えたり、1駅分を自宅まで歩いて運動不足を補いましょう。

また、生活リズムを整えると、時間に合わせて食事を行うため、食べ過ぎを防ぐことができます。

さらに、規則正しい生活ではベッドに入る時間帯も決めています。同じ生活リズムを繰り返すことで時間が来ると自然に眠気が誘い、質のよい睡眠が続きます。

このように運動と規則正しい生活は、生活習慣病の予防に効果を発揮します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする